北欧デザインと雑貨の店 Mies -online shop

archives
Fashion
Stole&Bag&Wallet
Socks&Tights
Footware
Pierce/Earring
Necklace
Bracelet
Ring
Brooch
Charity&Eco&housekeeping
Kitchen
北欧の食
Bath&Relax
botanical
Interior
Book&Stationary
Music
すべての商品を見る
archives

archives
2012 New Year
2012 Garden
2012 Accessory
2012 Sequence
2012 Teema&Kilta 1
2012 Teema&Kilta 2

shopping cart
カートの中を見る
マイアカウント

about us
実店舗(西荻窪) について
Miesのブログ
お問い合わせ

information
お支払い方法 について
配送方法・送料 について
メルマガ登録・解除
メディア掲載情報
新入荷情報



TOP > Music > ///動物達の声とピアノの対話///
避暑地にいるみたい。
FabioCaramuru/Brasil
「EcoMusica」



///動物達の声とピアノの対話///
避暑地にいるみたい。
FabioCaramuru/Brasil
「EcoMusica」

価 格 : 2,000円(税抜)
購入数 :


野鳥のさえずりや虫達の声と柔らかで透明感ある優しく広がるピアノの響き。
動物達の声とピアノが対話する楽曲。
聴いていると美しい自然の風景が広がります。
昨年亡くなった彼の父の実際のタイルに描いたブラジルの野鳥達のイラストが、
なんとも愛おしいジャケットです。



以下、レーベル説明。

この革新的なピアノ作品は
ブラジル・サンパウロ出身のアーティストFabio Caramuruの
ピアノと同国の動物たちとの間の対話を表します。
動物達の声とピアノという"二つの歌"は
ブラジルの大自然に大きなリスペクトを込めて、
個性的で非常にバランスの取れた繊細な演奏とミックスにより、
一つの楽曲へと昇華されています。

Fabio Caramuruは
少年の頃より自然に対して人並みならぬ興味を持っており、
彼に自然の素晴らしさを教えてくれたのは
昨年亡くなった彼の父Ronald J. Caramuruでした。
この作品は父への特別な追悼として考えられ、
アルバム・ジャケットにはRonaldが実際のタイルに描いた
ブラジルの野鳥達のイラストが使用されています。
レコーディングの前の1ヶ月間を
ブラジルの生態系のリサーチと楽曲の構築の時間にあて、
カンピーナス州立大学内に設立された
世界最大のサウンドライブラリーの一つとして知られるFNJVより、
サビアやスズドリといった野鳥のさえずりやカエル、
コオロギなど様々な虫達の鳴き声を収録。対位法から無調、
ブルースのコード進行、モーダルなメロディーと、
ヘッドフォンで録音された動物達の歌を聞きながら
即興的に演奏された彼のピアノからは、
無限に広がるような音楽的引き出しの豊富さが感じられるものの、
コンテンポラリーに偏ることなく、
動物達と無邪気に戯れているかのように音楽が生き生きと展開します。
水辺に透き通る光、風にざわめく木々。
霊妙なピアノの調べと動物達の歌声の対話が
大自然へのイマジネーションを喚起する楽園ピアノ・アンビエントの一大絵巻です。

Artist: F�・bio CaramuruZ(ファビオ・カラムルー)
Title Of Album: 「EcoM�・sica」
Year Of Release: 2016 flau
CD

Tracklist:
01. cigarra
02. bem-te-vi
03. tico-tico →///soundcloud///
04. sapo-cururu
05. quero-quero
06. grilo
07. uirapuru
08. tangara
09. araponga
10. anu-branco
11. canario-da-terra
12. tuim
13. sabia
14. arara-azul

※備考欄に「レターパックライト希望」と記入して頂ければ、
\360(税込)でお送り致します。※

※ご注文前にご確認下さい※
在庫管理・表示には細心の注意を払っておりますが、
実店舗同時販売の為、商品が完売している場合がございます。
その場合はご注文の返信メールにてご連絡致します。 » この商品について問い合わせる
» この商品を友達に教える
» 特定商取引法に基づく表記 (返品など)


you viewed